2021/10/12

王朝末日(三):供給不足的育成能力

許多人都把軟銀的連霸失利歸咎到小久保和攻擊端的輸出無力,事實上工藤監督確實是個很優秀的監督,但不代表投手端就沒有問題。被高估的養成能力,才是軟銀今年投手完全潰堤的關鍵。

作者:櫻花飛雪

請繼續往下閱讀

工藤政權的選秀紀錄

在陣容趨於完整的情況下,軟銀於14年底就喊出將以育成為主體,不再於FA市場上競逐(
雖然馬上就去調查了金子千尋)。15年選秀會軟銀依序選入了:

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 髙橋純平 投手 県立岐阜商業高 入団
2位 小澤怜史 投手 日本大学三島高 入団
3位 谷川原健太 捕手 豊橋中央高 入団
4位 茶谷健太 投手 帝京第三高 入団
5位 黒瀬健太 内野手 初芝橋本高 入団
6位 川瀬晃 内野手 大分商業高 入団

 

除了育成二位的児玉龍也外,這一年清一色的都選入高中畢業生來厚植農場。


16年的選秀則是這樣 

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 田中正義 投手 創価大学 入団
2位 古谷優人 投手 江陵高 入団
3位 九鬼隆平 捕手 秀岳館高 入団
4位 三森大貴 内野手 青森山田高 入団

除了一指競合的田中正義之外,全數都是高中生。 

 

再來則是17年

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 吉住晴斗 投手 鶴岡東高 入団
2位 高橋礼 投手 専修大学 入団
3位 増田珠 外野手 横浜高 入団
4位 椎野新 投手 国士舘大学 入団
5位 田浦文丸 投手 秀岳館高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 尾形崇斗 投手 学法石川高 入団
2位 周東佑京 内野手 東京農業大学北海道オホーツク 入団
3位 砂川リチャード 内野手 沖縄尚学高 入団
4位 大竹耕太郎 投手 早稲田大学 入団
5位 日暮矢麻人 外野手 立花学園高 入団
6位 渡邉雄大 投手 新潟アルビレックスBC 入団
 

其實到這裡,軟銀整體規劃上選的都算中規中矩。一改前兩年的高校生選秀,17年一次選了三個大學畢業的投手。事實證明軟銀非常需要即戰力投手,因為在次年開季後沒多久,軟銀的主力牛棚SU岩崎翔和守護神Sarfate就因傷脫離。因為牛棚缺人,導致先發的高橋禮調牛棚,又緊急將育成的大竹轉支配下頂替先發輪值。

到這裡來看,軟銀的選擇都很合理。包含也開始預備了三壘接班人,農場滿滿的高中生。再看看上林、甲斐與石川的成功,軟銀似乎有那麼點成就王朝的氣勢。

 

為王朝奉獻的牛棚投手 

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 甲斐野央 投手 東洋大学 入団
2位 杉山一樹 投手 三菱重工広島 入団
3位 野村大樹 内野手 早稲田実業高 入団
4位 板東湧梧 投手 JR東日本 入団
5位 水谷瞬 外野手 石見智翠館高 入団
6位 泉圭輔 投手 金沢星稜大学 入団
7位 奥村政稔 投手 三菱日立パワーシステムズ 入団

 

19年軟銀遭遇了重大打擊。前一年投的很好的加治屋狀態急轉直下,加上野手柳田、中村晃掛傷號,上林陷入低迷。先發投手東浜受傷脫離戰線,武田狀態低迷調牛棚,軟銀曾慘烈到必須使用二保旭擔任固定先發。17年選入的椎野新和18年的泉開始分攤牛棚重任,再從二軍中拿出冷凍很久的川原弘之,艱辛的走完這一年並完成三連霸。 

訂閱運動視界電子報

追蹤我們